Faculty of Education and Graduate School of Education, University of The Ryukyus

保健体育専修

授業科目一覧

保健体育専修の特徴

児童生徒の発達課題、スポーツ科学および運動文化への深い認識に基づいた保健体育科における教材・授業づくり、指導力の育成、さらに今日的教育課題にも柔軟に対応できる理論と実践能力を持った教員の養成を目指しています。

そのために、体育学、運動学、学校保健、保健体育科教育学の専門分野における科学的成果からしっかりと学ぶことになります。また、スポーツおける運動のメカニズムについて、力学的、生理学的な研究をはじめとして、スポーツの社会学的、心理学的な研究などの成果から運動やスポーツというものを多面的に探究します。

そうした基礎的な専門知識を獲得するだけでなく、児童生徒の発達や教育の課題を媒介しながら、保健体育科における教材や授業づくり、さらには学校における運動部や体育的行事のマネジメント能力を身につけていきます。

 

各コース(小学校/中学校)の特徴

小学校教育コースでは、体育を得意とする小学校教員の育成を目指します。沖縄県教員候補者選考試験の課題でもある「水泳」「器械運動」を中心に高度な技能と指導法を学習します。また、中学校教育コースでは、理論と実践を繰り返しながら中学校(高等学校)教員としての資質と実践力を身につけていきます。保健体育専修は少人数クラスのため、小学校選修、中学校選修の合同カリキュラムも多く、個々に応じた学習指導や保健体育科教採セミナーの開催など手厚い指導が特徴的です。

 

専修が求める学生像と入学者選抜方法

推薦入試(2名)では小学校選修、前期日程入試(3名)では中学校選修の募集を行います(後期日程入試での募集はありません)。いずれの選修の学生にも、高い基礎体力と専門スポーツ競技における優れた実績をベースとした各種スポーツへの実践力、さらには現在高度化されてきた種々のスポーツ理論を学ぶ上で必要な基礎学力を求めます。 そのため、入学者選抜方法は実技試験(新スポーツテスト)とセンター試験成績の両面で評価します。また、教職者およびスポーツ指導者としての適性を個人面接から評価します。

保健体育専修では、単なるスポーツ好きの学生は求めません。勤勉で労を惜しまず文武両道に励む学生をお待ちしております。

 

免許や資格について

■標準的な履修で取得可能な免許

小学校教諭一種・二種免許状 ,中学校教諭一種・二種免許状 ,高等学校教諭一種免許状

■努力しだいで取得可能な免許

幼稚園教諭一種・二種免許状,特別支援学校教諭一種・二種免許状,学校図書館司書教諭資格,社会教育主事資格

■その他(一部講習免除)

健康運動指導士、ヘルスケアトレーナー、トレーニング指導士、などの公的スポーツ指導者資格

 

教員紹介

氏  名 担当授業
江藤 真生子

(ETO Makiko)

保健体育科教育法,教職実践演習,バスケットボール
遠藤 洋志

(ENDOH Hiroshi)

運動生理学,柔道,水泳
金城 昇

(KINJO Noboru)

※心理臨床科学コース

保健体育科教育法
金城 文雄

(KINJO Fumio)

※子ども教育開発専修

体育原理,体育科教育研究
笹澤  吉明

(SASAZAWA Yoshiaki)

※生涯健康教育コース

衛生学・公衆衛生学,サッカー
砂川 力也

(SUNAKAWA Rikiya)

トレーニング論,保健体育科教育法,陸上競技
真栄城 勉

(MAESHIRO Tsutomu)

※生涯健康教育コース

体育史,社会体育学
増澤 拓也

(MASUZAWA Takuya)

体育心理学,野外教育,バレーボール
宮城 政也

(MIYAGI Masaya)

※生涯健康教育コース

学校保健
三輪 一義

(MIWA Kazuyoshi)

※生涯健康教育コース

運動学,保健体育教材研究,ハンドボール

※専修(コース)と兼担

PAGETOP
Copyright © 琉球大学 教育学部 All Rights Reserved.