Faculty of Education and Graduate School of Education, University of The Ryukyus

理科教育専修

授業科目一覧

理科教育専修の特徴

理科教育専修では、理科各分野の専門的知識と科学的な探究能力を体系的に身につけさせ、それを土台とした授業実践力を培うことによって、優れた教科指導力および教材研究力を有する小学校並びに中学校教員を養成します。

本専修が理学部等の理科系の学科と異なるのは、特定の科目・領域だけについて学習や探求をしていくのではなく、「物理」・「化学」・「生物」・「地学」の4つの領域、及び理科の指導法に関する「理科教育」についてバランス良く学べる点です。また、沖縄の豊かな自然環境を活かした特色ある理科教育として、野外実習のカリキュラムも充実しています。さらに3年生の後期からは、卒業研究担当教員の各研究室に所属して、理科の特定の分野に関する専門性を高めていきます。

一学年10名程度の小規模な専修ですが、その分上級生や下級生、所属教員との関わり合いが深く、まとまりのある、活気にあふれた専修です。沖縄県の理科教育や自然環境に興味を持つ沖縄県外出身の学生も多く所属しています。実り多い琉球大学教育学部理科教育専修で楽しい学生生活を一緒に送ってみませんか。

 

久米島タチジャミでの岩石の観察 久米島の海洋温度差発電施設の見学
干潟の散策と生物の観察 マングローブに生息する植物と動物の観察
化学実験の様子 学生による物理授業研究の様子
中学生を対象にした科学イベント やんばる地域での生物観察

 

理科教育専修のコース紹介

理科教育専修には小学校教育コースと中学校教育コースの2コースが設置されています。小学校教育コースでは、特に理科教育の実践力を養成するカリキュラムを組んでおり、理科各分野の専門教育を充実させることにより、理科に強い小学校教員を養成します。中学校教育コースは物理、化学、生物、地学、理科教育をバランス良く習得できるカリキュラムとなっている点が特徴です。学外での実習や実践研究を通して、実践力のある中学校・高等学校の理科教員の養成を目指しています。

 

専修が求める学生像と入学者選抜方法

【求める学生像】

将来、小学校、中学校などの教員になることを目指している人で、理系科目の基礎を習得しており,何事に対しても前向きであり、コミュニケーション能力のある学生を求めています。また,室内での実験や野外での実習等が好きな学生を求めています。

 

【入学者選抜方法】

小学校教育コース:推薦入試Ⅱと前期・後期試験の専攻の一括入試で選抜されます。

中学校教育コース:前期入試で選抜されます。

 

免許や資格について

小学校教育コース

標準的な履修で取得可能な免許:小学校一種免許状、中学校二種免許状

努力しだいで取得可能な免許:中学校一種免許状,高等学校教諭一種免許状、学芸員資格に必要な単位の修得

 

中学校教育コース

標準的な履修で取得可能な免許:中学校一種免許状,高等学校教諭一種免許状

努力しだいで取得可能な免許:小学校一種免許状、中学校二種免許状、、学芸員資格に必要な単位の修得

 

教員紹介

理科教育専修に所属する教員

物理学(固体物理学)  岩切 宏友

研究内容:固体材料に対するイオンビーム照射効果を中心とした研究を行っています.研究室にはコンピュータシミュレーションを行うためのワークステーションやイオン照射装置,ガス質量分析装置などを導入しています.また,京都大学エネルギー理工学研究所や九州大学応用力学研究所,自然科学機構・核融合科学研究所,量子科学研究開発機構等との共同研究も実施しています.

 

物理学(低温物理学) 柄木 良友

研究内容: 原子や分子にはスピンとよばれる非常に小さな磁石の性質をもつ場合があります.これらが集まって結晶を組み集団となった場合には一個のスピンから全く想像できない”協力現象”とよばれる現象が低温で見られます.本研究室ではこのような協力現象を現実の物質を使って研究を行います.また超伝導転移温度の低い異方的超伝導体とよばれている物質の超伝導の研究も行っています.

 

化学(海洋天然物有機化学) 照屋 俊明

研究内容:山や海から採集した素材から,生理活性物質(薬理作用を持つ物質)を見つけ出す研究を行っています.あたらしい生理活性物質を発見すると,そこから研究することはたくさんあります.例えば詳しい薬理作用を調べると,医薬品などに応用できる可能性があります.海や山から自分で採ってきた素材から,人の役に立つ生理活性物質を見つけ,社会に還元することを目標に研究を頑張っています.

 

化学(有機金属化学) 福本 晃造

研究内容:有機物と金属原子が結合した物質(有機金属錯体)を創製し,その構造や反応性の解明に取り組んでいます.新しい物質を創り出し,構造や反応性,物性を研究することは学術的関心が高く,これらを応用展開することで産業への波及も期待できます.本研究室では,多様な結合様式を形成する,窒素や硫黄などのヘテロ原子と遷移金属原子間の結合に注目しており,これらの特性を活かした触媒系の開発にも取り組んでいます.

 

生物学(動物学) 富永

研究内容:両生類などの動物の地理的分化,多様性の解明をとおして,多様性の形成過程,分布域の変遷過程などを推定する分子系統地理学,分子系統学に関する研究を行っています.その他,動物の形態変異,生態,生活史の解明にも興味があり,研究をすすめています.卒論でも上記分野に関連した内容を扱います.

 

生物学(植物分類学) 齊藤 由紀子

研究内容:植物の多様性をもたらした環境適応とそれに続く分化に興味をもち,植物種の分布周縁部の集団を対象として,形態的,生理的適応がもたらす分化(周縁分化)の研究を行っています.また,琉球列島・台湾・フィリピンなどの地域に分布する植物を対象としてフィールド調査および分類学的研究も行っています.

 

地学(岩石鉱物学) 馬場 壮太郎

研究内容:大陸地域(スコットランド,東南極など)に分布する高温変成岩を対象として,岩石に記録された変成鉱物の組織や鉱物化学組成,岩石の形成年代などに基づき大陸地殻の形成過程を考察しています.また,沖縄本島や周辺諸島に分布する先第三系基盤岩類についても構造地質学的見地から島弧地殻の形成過程を解明することを目的として研究を行っています.

 

理科教育(第一分野,物理学) 濱田 栄作

研究内容:物理分野の教育用教材の開発を行っています.特に,震災以降,関心が高まる放射線については,学校現場での活用も見据え,沖縄県における環境放射線調査や放射線計測技術の開発を行っています.また,他県に比べ,健康への影響が心配される紫外線についても調査研究をすすめ,自然環境と私たちの生活について考えます.

 

理科教育(第二分野,地質学) 松田 伸也

研究内容:沖縄島を始めとする琉球列島の第四系石灰岩が分布する地域の地質調査を行い,含まれる造礁生物化石から第四系石灰岩の堆積環境を考察しています.また,潮間帯から陸棚縁辺部までに分布する現生無節サンゴモ類(藻類の仲間)の分類と生態を調査し,サンゴ礁形成における無節サンゴモ類の役割についても研究しています.加えて,初等・中等教育のための地学分野の教材開発に取り組んでいます.

 

協力教員(別組織に所属するが授業などでお世話になる理科系の教員)

理科教育(第二分野,生態学) 杉尾 幸司(教職大学院所属)

研究内容:身近な自然環境でみられる生物は,理科や環境教育の教材として利用されていますが,他府県とは異なる自然環境にある沖縄県では,沖縄の環境に適した教材が必要です.そのため,身近な生物の生態調査などを通して,学校現場で活用できる生物教材の研究と開発を行っています.また,亜熱帯の沖縄県は,シロアリ類の研究に国内で最も適した場所でもあるため,シロアリのカスト分化機構や生活史戦略などの研究も行っています.

 

理科教育・教師教育学  吉田安規良(教職大学院所属)

研究内容:主に小中学校での理科の授業作りについて研究を行っています.教材を開発したり、それをどう実際の授業で適用して行くのかについてや,子ども達にとって楽しい理科の授業ができる教員をどうやって養成していくのかについて研究したりしています.複式学級でも指導できる教員のあり方なども研究しています.

 

主な進学先・就職先(旧理科教育専修・自然環境科学教育コース卒業生のデータ)

  • 中学校教員,高等学校教員,小学校教員。いずれも本採用の場合と臨時採用の場合とがあります。(近年,現役で沖縄県の本務採用となる者は少なく,多くが臨時教員として採用されています。臨時教員を数年経験し本務採用となるケースが多い。)
  • 地方公務員(沖縄県庁,糸満市役所,宜野湾市役所、会津若松市役所)
  • 大学院進学(琉球大学,京都大学,信州大学,九州大学、熊本大学)
  • 海外日本語教員・日本人学校教員・青年海外協力隊
  • 民間企業(東芝セラミックス,万座ビーチホテル&リゾート,南西環境研究所,フルサト工業,東南植物楽園,au,衣料品会社,環境調査会社など)

 

PAGETOP
Copyright © 琉球大学 教育学部 All Rights Reserved.