琉球大学 教育学部のホームページ ( Faculty of Education and Graduate School of Education, University of The Ryukyus )

教育実践学専修

小学校段階での全人的人間形成において、学習指導と生活指導を中心として、児童の豊かな <学び> を創造することができる小学校教員を養成します。

当専修のカリキュラムにおいては、学校や地域での協働実践と連携して、学校を取り巻く環境を理解し、子どもと直にふれあい、子どもの考え方や感じ方などを理解する体験的な教育実践経験を早期から系統的・継続的に積み重ね、小学校教員に求められる実践的指導力を養う機会を提供します。

この学修を基盤とし、教科のみならず教科外活動や教科の枠を超えた総合的実践力を発揮することで、豊かな <学び> を構築し、子どもたちの「生きる力」を育成できる小学校教員を養成していきます。

専修が求める学生像

○求める能力・適性等

→学校教育専攻の学生として、
・人や出来事に対する理解力
・コミュニケーション能力
・人対象場面での積極性と柔軟性
・学校教育教員としての学習意欲

→教育実践学専修の学生として、
・子ども及び教育事象に積極的に関わっていこうとする意欲
・人や出来事に対する理解力
・人間関係構築と共同体参加への積極性と協調性

○履修すべき科目や習得しておくことが望ましい資格等

小学校教員は、全教科を教えることになりますので、高等学校の教育課程を満遍なく履修することに加えて、各自の趣味や興味・関心に応じて様々なことを学び、子どもや学校に関わることについて興味や関心を深めることを望みます。

入学者選抜方法

小学校教育コース 学校教育専攻(教育実践学専修・子ども教育開発専修)に係る各入試の学生募集は、学校教育専攻一括で行います。

平成31年度入試は、推薦入試前期入試後期入試の3回行います。

☆推薦入試は、学校推薦による入試で、募集人員は12名です。

  • 沖縄県内地域指定推薦 (4名) と一般推薦 (8名) の2つの枠があります。どちらも現役生のみ対象となります。
  • 沖縄県内地域指定推薦枠は、沖縄の北部や離島の高等学校だけを対象としています。一般推薦枠は、全ての高等学校を対象としています。といっても別々の入試ではなく、枠が異なるだけで、同じ日に同時に行います。沖縄県内地域指定推薦枠に該当する高校では、沖縄県内地域指定推薦枠1名と一般推薦枠1名の最大2名まで推薦できます。同一人物が両方の枠に同時に出願することはできません。
  • 個別学力試験等受験科目として、小論文と面接が課されます。
  • センター試験の結果は、個別学力試験の点数に加算するのではなく、900点満点中450点以上取れていればいいのです。センター試験を必ず受験する必要がありますが、センター試験で高い点数をとった順番に合格するというわけではありません。合格するのは、それぞれの枠ごとに個別学力検査の結果の上位それぞれ4名 (沖縄県内地域指定推薦枠) と8名 (一般推薦枠) です。

☆前期入試の募集人員は30名です。

  • 個別学力試験等受験科目として、小論文と面接が課されます。

☆後期入試の募集人員は8名です。

  • 個別学力試験等受験科目として、創造的な表現力をみる実技試験を行います。試験の中には、身体・言葉・音楽・造形などによる表現が含まれます。

 詳しくは、7月上旬に正式に公表される入学者選抜要項でご確認ください。

2年次進学の際の専修配属について

1年次の時は専攻全体で学びますが、2年次からは教育実践学専修または子ども教育開発専専修にわかれて、さらに専門的な学びを深めていきます。

<専修配属のプロセス>

・1年次の2月上旬~中旬に、専修希望申請書を指導教員に提出する。

・2月下旬~3月中旬にかけて検討(必要がある場合には調整をおこなう)

・3月下旬に決定

<専修配属決定のルール>

○専修配属は原則として学生の希望に基づいておこなう。

○1専修への希望者が30名を超えない場合には、学生の希望通り決定する。

○1専修への希望者が30名を超えた場合には、以下の方法で調整をおこなう。

1)専攻必修科目(3科目)のGPAのポイントの高い者を優先する。

2)専攻必修科目(3科目)のGPAのポイントが同じ場合には、1年次前・後期のGPAのポイントの高い者を優先する。

専修教育を担当する教員

小学校教育にかかわるほぼすべての領域をカバー した教員が集結しました。

ここだけで「ミニ教育学部」?

スタッフはみんな、「教える」ということにとことんこだわっています。

氏名: 上地 完治 (うえち かんじ)

専門分野/領域: 教育哲学、道徳教育

研究テーマ:批判的教育学、「考えること」と「話し合うこと」を重視した道徳授業の改善

→研究者総覧

 

氏名: 緒方 茂樹 (おがた しげき)

専門分野/領域: 特別支援教育、障害児生理心理学

研究テーマ: 子どもの発達と音楽、就学前のいわゆる「気になる子ども」の早期発見・早期対応、システム教育学

→研究者総覧

 

氏名: 小嶋 季輝 (こじま としき)

専門分野/領域: 教育工学、教育方法学

研究テーマ: 人の学びがどのようにして可能となるのか、そのメカニズムについて研究をしています。

→研究者総覧

 

氏名: 田場 あゆみ (たば あゆみ)

専門分野/領域: 臨床心理学

研究テーマ: 学校カウンセリング

→研究者総覧

 

氏名: 淡野 将太 (たんの しょうた)

専門分野/領域: 教育心理学

研究テーマ: 攻撃行動、遊び、絵本

→研究者総覧

 

氏名: 辻 雄二 (つじ ゆうじ)

専門分野/領域: 民俗学/言語文化 (国語科)

研究テーマ: 個別具体的な「ことば」「文化事象」「人」を手掛かりとして「教育」について考えます。

→研究者総覧

 

氏名: 鄭 谷心 (てい こくしん)

専門分野/領域: 教育方法学、教育評価

研究テーマ: 総合学習のあり方、日中両国における教育改革に関する比較研究

→研究者総覧

 

氏名: 日熊 隆則 (ひのくま たかのり)

専門分野/領域: 数学、教育とプログラミング

研究テーマ: 数学と認知科学、教育とスピリチュアリティ、Perfume

→研究者総覧

 

氏名: 山口 剛史 (やまぐち たけし)

専門分野/領域: 社会科教育、離島へき地教育、平和教育

研究テーマ: へき地における教育 (複式指導、地域学習) のあり方、平和教育の教材開発など

→研究者総覧

 

氏名: 未定 ( – )

専門分野/領域: 理科教育

研究テーマ: –

→研究者総覧

氏名: 未定 ( – )

専門分野/領域: 英語教育

研究テーマ: –

→研究者総覧

 

PAGETOP
Copyright © 琉球大学 教育学部 All Rights Reserved.