Faculty of Education and Graduate School of Education, University of The Ryukyus

保健体育専修

教育研究の概要と履修基準・方法

保健体育専修は、保健体育科教育、体育学、運動学、および学校保健の4分野から構成されています。各分野について、高度な専門性に裏付けられた教育・研究を行いながら、学校現場における多様なニーズと、児童生徒が抱える今日的課題に応え得る実践的指導力を育成します。

保健体育専修の履修基準(履修最低単位数)

科目名 単位数 備考
教育の基礎に関する科目 4 (注1)
専修専門科目 12 (注2)
教育実践に関する科目 6 (注3)
課題研究 4 (注4)
自由選択科目 4 (注5)
計 30
  • (注1)「学校教育の理論と実践I」、「同II」 の各2単位を履修する。
  • (注2)小学校選修は「保健体育科教育特論IA,IIA 」 4単位を必修とし,その他の分野より8単位以上選択履修する。中・高校選修は「保健体育科教育特論Ⅰ,Ⅱ 」 4単位を必修とし,その他の分野より8単位以上選択履修する。
  • (注3)小学校選修は「保健体育科授業研究A」 2単位, 「保健体育科教材開発A」 2単位を履修する。中・高校選修は「保健体育科授業研究」 2単位, 「保健体育科教材開発」 2単位を履修する。
  • (注4)小学校選修は「課題研究IA」 2単位, 「課題研究IIA」 2単位を履修する。 中・高校選修は「課題研究Ⅰ」 2単位, 「課題研究Ⅱ」 2単位を履修する。
  • (注5)教科教育専攻で開設する授業科目,他専攻の授業科目及び教育学研究科規程第8条に定める授業科目の中から6単位以上を選択履修する。

 

 

修士学位審査をクリアした論文の例

(関連するものとして「修士論文要旨録」もご覧ください)

分 野 修士論文タイトル 年度
体育科教育 小学校中・高学年における生活習慣と体力・学力との関連 H27
運動学 ハンドボール競技におけるディフェンス効果の考察

―6-0DFシステムの防御評価を目指して―

H28
体育科教育 知的障害を有する生徒への動作法を用いた体育の授業実践

―特別支援教育成果評価尺度(SNEAT)の観点から―

H28
運動学 スクワット運動がジャンプパフォーマンスの活動後増強に与える影響

―重量及び挙上速度に着目して―

H28

 

入学者選抜について

筆記試験および面接にて選抜する。

 

志願分野を選択するさいの留意事項

事前に志望分野の担当教員に連絡(電話もしくは電子メール)を取り、希望する研究テーマ等について打ち合わせることが望ましい。

 

専修の担当教員

分 野 氏 名
保健体育科教育 金城昇、江藤真生子
体育学 真栄城勉、増澤拓也
運動学 三輪一義、遠藤洋志、砂川力也
学校保健 笹澤吉明、宮城政也

(担当教員についての詳しい情報は本学の琉大研究者データベースをご覧ください)

大学院

学校教育専攻

 

○ 学校教育専修

 

特別支援教育専攻

 

教科教育専攻

 

○ 人文社会教育専修

 

○ 自然科学教育専修

 

○ 芸術表現教育専修

 

○生活科学教育専修

 

PAGETOP
Copyright © 琉球大学 教育学部 All Rights Reserved.