Faculty of Education and Graduate School of Education, University of The Ryukyus

学校教育専攻・教育学コース

教育研究の概要と履修基準・方法

学校教育専修・教育学コースの履修基準(履修最低単位数)

科目名 単位数 備考
教育の基礎に関する科目 4 (注1)
専修専門科目 12 (注2)
教育実践に関する科目 4 (注3)
課題研究 4 (注4)
自由選択科目 6 (注5)
計 30
  • (注1)「学校教育の理論と実践Ⅰ」「同Ⅱ」の各2単位を履修する。
  • (注2)小学校選修は,小免課程認定を受けている科目群につき,教育学・心理学について各コースの提供する特論を6単位以上,演習を6単位以上履修する。中・高校選修は,中・高免の課程認定をうけている科目群につき,教育学・心理学について各コースの提供する特論を6単位以上,演習を6単位以上履修する。
  • (注3)小学校選修は「教育実践の研究Ⅰ(小)」2単位,「教育実践の研究Ⅱ(小)」2単位,計4単位を履修する。(ただし,「教育実践の研究Ⅱ(小)」に代えて教科教育専攻提供の教育実践科目を履修してもよい。)中・高校選修は「教育実践の研究Ⅰ」2単位,「教育実践の研究Ⅱ」2単位,計4単位を履修する。(ただし,「教育実践の研究Ⅱ」に代えて教科教育専攻提供の教育実践科目を履修してもよい。)
  • (注4)学位論文指導教員のもとで, 「課題研究Ⅰ」, 「課題研究Ⅱ」 の4単位を履修する。
  • (注5)学校教育専攻で開設する授業科目,他専攻の授業科目及び教育学研究科規程第8条に定める授業科目の中から6単位以上選択履修する。

 

修士学位審査をクリアした論文の例

(関連するものとして「修士論文要旨録」もご覧ください)

分 野 修士論文タイトル 年度
幼児教育 自然と人間との共生的な存続という視点からの自然観・人間観の再検討 2008
道徳教育 モダニティ・自己・アディクション―ギデンズとベイトソンの比較検討を通して― 2008
教育学(教育史) 教育関係の「非対称性」に関する研究―E.ゴッフマンを手がかりとして― 2007
地域教育経営 「教育の再編」におけるコーディネートの役割と可能性に関する一考察―学社融合コーディネートのあり方を中心として― 2007
教育学(教育史) 公教育としての高校教育の意義と可能性について―「批判力を備えた社会の形成者」としての市民の育成― 2007
地域教育経営 「教育の循環性」を求めた学校と地域の関わりに関する一考察―生涯学習社会における「学校の役割」を中心に― 2007
教育内容・方法論 教師の専門性を志向した省察的保育に関する考察 2005
教育内容・方法論 学校運営における教師集団の協働性の形成に関する一考察―二学期制実施校における知識経営への試み― 2005
教育内容・方法論 戦後沖縄の学校図書館に関する歴史的考察―沖縄の学校図書館モデル校を中心に― 2005
地域教育経営 「教育の構造的再編」へ向けた新たな可能性に関する一考察―「地域の教育力」に注目した「地域子ども教室推進事業」を手がかりに― 2005

 

入学者選抜について

筆記試験および口述試験により、選抜を行ないます。筆記試験の学力検査は、外国語(英語・独語のうち1科目選択:なお、外国語科目については、3年以上の教職経験を有する現職教員等は、小論文により代えることができます)、専門科目Ⅰ(教育学概論及び教育心理学概論からそれぞれ、一題ずつ)、専門科目Ⅱ(教育学7問中から3問選択)の三つから出題されます。口述試験は、研究計画概要などを中心に行なわれます。

 

コース担当教員

分 野 氏 名
教育学(教育史) 上地 完治
学校経営 佐久間正夫
図書館情報学 望月 道浩
地域教育経営 井上 講四
教育内容・方法論 藤原 幸男
道徳教育 上間 陽子
幼児教育 吉葉 研司

(担当教員についての詳しい情報は本学の琉大研究者データベースをご覧ください)

 

大学院

学校教育専攻

 

○ 学校教育専修

 

特別支援教育専攻

 

教科教育専攻

 

○ 人文社会教育専修

 

○ 自然科学教育専修

 

○ 芸術表現教育専修

 

○生活科学教育専修

 

PAGETOP
Copyright © 琉球大学 教育学部 All Rights Reserved.