Faculty of Education and Graduate School of Education, University of The Ryukyus

大学院

教育学研究科(修士課程)の基本的な特徴

教員としての基礎的資質のうえに,学校教育に関するより高度な理論的基盤と実践力を培い,未来を担う子どもたちの教育に専門的力量とリーダーシップを発揮できる人材を養成するために,以下の素養・能力等に対して「修士(教育学)」の学位を授与します。

  • 人文・社会・自然・芸術に関する広い視野に裏打ちされた清新な学識
  • さまざまな今日的教育課題に柔軟に対応できる見識
  • 教育者としての不断の自己研鑽を支える研究能力と専門性
  • 沖縄の文化や教育的環境に関する深い理解

 

 教育課程編成・実施の方針

教育学研究科(修士課程)共通の必修科目である「学校教育の理論と実践(ⅠとⅡ)」および「協働実践研究(Ⅰ)」の履修と,つぎの3つの専攻に分けた履修体系を構成しています。

  • 学校教育専攻
    教育学コースと心理学コースに分かれ,学校教育をめぐる種々の問題を,理論的な側面からだけではなく,教育実践的な側面からも追究し,理論と実践とを往還させた学びを行ないます。
  • 特別支援教育専攻
    インクルーシブ教育に関する最新の基礎理論と正しい科学的知識を習得し,理論と実践の往還を常に意識して,科学的根拠に基づいた実践の検証と提案ができるようなスクールリーダーの養成を目指します。
  • 教科教育専攻
    専攻共通科目である「協働実践研究(Ⅱ)」の履修と,教科別の専修・領域ごとに分かれた履修体系を構成しています。

 

教育の基礎に関する科目 教育実践に関する科目 各分野に関する専門科目 課題研究 自由選択科目
学校教育専攻 4 6 12 4 4 30
特別支援教育専攻 4 6 16 4 0 30
教科教育専攻 2 6 12 4 4 30

 

入学者受入れの方針

教育学研究科(修士課程)では,教員としての基礎的資質を備えた入学者に対して,学校教育に関するより高度な理論的基盤と実践力を育成することを目的としており,初等教育および中等教育に関するより高度な理論的基盤と実践力を積み上げたいという意欲を有する方の入学を求めます。専攻別では,

  • 学校教育専攻
    教育学及び心理学の専門知識を修得し,幅広い視野と見識を持って多角的・多元的に学校教育を研究し,実践力を高めたいという意欲を有する人。
  • 特別支援教育専攻
    「特殊教育」から「特別支援教育」へという動向を見据えながら,LD・ADHD・自閉症スぺクトラム障害等を含む包括的支援の必要な子どもに対する教育の歴史,原理,教育課程・指導法,心理・生理・病理等に関する高度な知識と実践力を希求する人。
  • 教科教育専攻
    各教科領域に関する高度な専門知識と技能を修得し,教育現場における教科の実践力を高めたい人。

 

履修方法の特例措置

大学院設置基準第14条に定める教育方法(履修方法)の特例措置を適用して,現職教員等が大学院教育を受ける機会を拡げています。特例による履修方法としては,2年次のみに適用する「1年次フルタイム方式」と ,1 ・ 2年次にわたって適用する「1 ・ 2年次夜間等授業履修方式」とがあります。

A. 1年次フルタイム方式

主に教育委員会から派遣される現職教員及び休業制度利用の現職教員が対象です。  1年次のあいだは,在職校等における勤務を離れて通常の時間帯に開講される授業を履修しつつ,研究に従事することになります。課程修了に必要な30単位のうち,原則として20単位以上をこの1年間で修得しなければなりません。2年次になると,在職校等に勤務しながら,本研究科の指定した時間又は時期等(夜間や休業期間などを含む)に通学して,課程修了に必要な残りの単位を修得し,また修士論文作成に取り組むことになります。

B. 1 ・ 2年次夜間等授業履修方式

現職教員をはじめとする社会人が対象です。
1・2年次とも,原則として,夜間(18時00分~21時10分の時間帯),夏季・冬季休業期間中及び土曜日等に開講される授業を履修しつつ,研究に従事し,課程修了に必要な30単位の修得と修士論文の作成に取り組むことになります。

長期履修制度

長期履修制度とは,原則として2年間の授業料で計画的な長期在学・履修(最長4年間)を可能にするための制度です。職業を有している社会人院生が対象で,入学手続き時または入学後の1年次後期が終了する2月までに申請書類を提出する必要があります。

 

その他

 

大学院

学校教育専攻

 

○ 学校教育専修

 

特別支援教育専攻

 

教科教育専攻

 

○ 人文社会教育専修

 

○ 自然科学教育専修

 

○ 芸術表現教育専修

 

○生活科学教育専修

 

PAGETOP
Copyright © 琉球大学 教育学部 All Rights Reserved.