教育学部開講科目の後学期の授業に関して、以下の通り実施予定ですので、各項目をよく読んで対応するようお願いします。

※共通教育科目および他学部開講科目については、対応が異なりますので、教務情報ページや他学部ホームページ等も併せて確認して下さい。

1.授業形態について

今後の新型コロナウイルス感染症の状況により変更される可能性もありますが、現時点では後学期の授業は、三密を避けられる教室環境が用意できる場合には,原則「対面型」で実施します。ただし、受講者数が35名程度より多く、教育学部内の教室では三密を避けられない授業については、「遠隔型」での実施となります。各科目の実施方法についてはシラバスに記載されていますので、自身が履修希望する科目については、必ず確認して下さい(受講者数によっては、調整期間中にやむを得ず講義形態を変更することがあります)。

※疾患・持病・不安等のある教員が「遠隔型」を指定する場合は、それに従って下さい。また、学生自身が疾患・持病・不安等のある場合には、「対面型」の授業でも「遠隔型」で対応できるように配慮します。

 

2. 登録調整期間中の履修登録・取消方法について

登録調整期間中の履修登録および取消については、対面型の講義であっても、原則前期と同様にメールにて行います。(いわゆる「駆け込み」は、「三密」を避ける観点から行わないでください。このことは教員にも通知しますので、ご安心ください。)
登録調整処理票のデータを教育学部公式ホームページにて入手し、必要事項を記入後、担当教員へメールにて提出して下さい。

※メールの件名には必ず<「科目名」の追加登録(または取消)について>を明記すること。

その後、担当教員より入手した「許可コード」を用い、履修登録画面より登録を行って下さい。

履修登録調整期間:10月1日(木)~10月14日(水)

 

3. 授業に関する連絡方法について

授業に関連する連絡は、原則として教務情報システム内「メッセージ」機能を用いて行いますので、定期的に確認するようにして下さい(講義によっては、WebClassを補助的に使用することもありますので、教員の指示に従って下さい)。文末にスマートフォンへ琉大のメールを登録する方法を記載しておりますので、参考にしてください。

今後、学部方針に何らかの変更が生じた場合には、その都度「教育学部ホームページ」にてお知らせしますので、定期的な確認をお願いします。

 

スマートフォンに琉大のメールを登録する方法

設定方法はスマートフォンによって多少違いますが、登録方法の一例を示します。重要なのは、アカウントタイプがIMAPであることと、サーバー(受信用)とSMTPサーバー(送信用)を「mls.u-ryukyu.ac.jp」に修正することです。

  • スマートフォンの設定アプリから「アカウント」をタップします。機種によっては「ユーザーとアカウント」となっている場合もあります。
  • 「アカウント追加」、あるいは同じ意味の項目をタップします。
  • 追加するメールの種類やアカウントの種類を選択します。追加するメールの種類はスマホで通常使用するメールアカウントを選択します。その後、アカウントの種類は「IMAP」を選択します。
  • 画面の指示に従って、以下の情報を入力していきます。
    • 大学のメールアドレス:e〇〇〇〇〇〇@eve.u-ryukyu.ac.jp
    • メールアドレスのパスワード(教務情報システム等のパスワードと同じ)
    • サーバー(受信用)とSMTPサーバー(送信用)を「mls.u-ryukyu.ac.jp」と書き直す。(最初は、pop.eve.u-ryukyu.ac.jpなどと表示されているので修正してください)
  • 画面の指示に従い、設定を完了させます。