国立大学は、大学改革論議の中で各大学の強み・特色・社会的役割を「ミッションの再定義」として2013年度にまとめました。琉球大学教育学部もそこで掲げた改革目標に向け、2014年度、2105年度準備を進めてまいりました。そして、今年度、つまり、2016年4月(平成28年度)教職大学院を設置し(詳しくはこちらへ)、15名の院生を受け入れました(写真参照)。また、教職大学院設置に続く改革の一環として、2017年4月(平成29年度)、教育学部の人材育成使命を学校教育教員の養成に特化させ、140名の新入生を受け入れることにして、いま準備を進めています(詳しくはこちらへ)。なお、本学部の改組に関連した本学他学部の一部改組については、農学部、法文学部、工学部の各案内ホームページを参照してください。
(琉球大学教育学部長・教育学研究科長:小田切忠人)